大須賀ひろすけドットコム

ごあいさつ

大須賀ひろすけ

 今、調布は変貌の真っ只中にあります。調布・布田・国領駅が地下化され、駅前広場の整備、駅周辺の再開発とあわせ、21世紀の新しい調布の輪郭がはっきりと浮かび上がろうとしています。
 また、2年後に調布駅前の商業ビルに複合型映画館(シネマコンプレックス)が進出することになりました。
 更に、5年後の東京オリンピックでは、多摩地域で唯一、味の素スタジアム周辺で競技が開催される予定です。
 調布市には、保育園待機児解消を始めとする子育て支援、高齢者・障がい者の福祉増進、教育施策の充実、調布の特性を生かした環境施策、商工農業の活性化、安全・安心対策、行財政改革、市政情報の開示、狭くて危険な踏切の拡幅、スポーツ施設とオリンピックを生かした新たなまちづくりなど、重要な課題が山積しています。
 昨年、市長選挙に挑戦させていただきました。大きなお力を賜りながら、私の力不足で目的を達成することができず、申し訳ありませんでした。
 市長選に立候補した立場で大変恐縮ですが、改めて一から出直し、原点に立ち返って調布のまちづくりに挑戦させていただきたいと存じます。
 「あいさつ・ふれあい・助けあい」のある温かいまち、高齢者、障がい者、おかあさん、子どもたち、すべての人がずっと住み続けたいと思うまち、水と緑豊かな、魅力いっぱいで元気な調布をつくるために頑張ります。
 ご理解・ご支援を賜りますよう、どうかよろしくお願い申し上げます。

大 須 賀 浩 裕

後援会長のごあいさつとお願い

 24年前、皆様のご支援により、大須賀ひろすけ君を初めて市議会に送っていただきました。以来6期23年間にわたり、大須賀君は市政のさまざまな課題に全力で取り組んで参りました。
 一方、消防団員として市民の生命と財産を守りつつ、健全育成推進地区委員や自治会などの活動を通して、子どもたちの健全育成や安全・安心のまちづくりを実践してきました。
 昨年7月には、市長選挙に立候補させていただきましたが、目的を達成することができず、申し訳ありませんでした。
 今、調布市には、調布・布田・国領駅の駅前広場と駅周辺の整備、保育園待機児解消を始めとする子育て支援、高齢者・障がい者の福祉増進、教育施策の充実、調布の特性を生かした環境施策、商工農業の活性化、安全・安心対策、更なる行財政改革、一層の市政情報の開示など、重要な課題が山積しています。
 また、飛田給地域においては、駅南口駅前広場と道路の整備、狭くて危険な踏切の拡幅、スポーツ施設とオリンピックを生かした新たなまちづくりなどの課題があり、市政とのパイプ役として大須賀君に期待するものです。
 市長選に立候補した立場で大変恐縮ですが、原点に立ち返って調布のまちづくりに挑戦させていただきたいと存じます。
 調布市政に無くてはならない人材に育てていただいた大須賀君が、改めて皆様のご期待に沿って活躍できますよう、大須賀ひろすけ後援会に知人・友人の方をお一人でもご紹介下さい。
 どうか、よろしくお願い申し上げます。

大須賀ひろすけ後援会
会 長 峯 岸 伴 則